プロフィール

ホーム>プロフィール

武安英幸(地域音楽コーディネーター)

はじめまして、地域音楽コーディネーターの武安英幸と申します。

関西のとある山奥で音楽活動をしております。

「音楽をきっかけに地域の人々の交流を育むことで、人々の心の豊かさや地域の発展につなげていこう」という思いで音楽支援活動MOSO_WORK.をはじめました。

そんな私もきっかけは音楽で、人生でたくさんの経験をさせていただきました。また、いろんな人にも会いました。

「みんなで楽しめる音楽って何だろう?」

「音楽で人の役に立つことってなんだろう?」

そんなことを思い、音楽の楽しさを広められるよう、日々勉強です。

ここにお見えになられたのも何かの縁、お近づきになれれば幸いです。

主な経歴

  • 大阪芸術大学芸術学部通信教育部音楽学科卒業(卒業時、塚本英世賞受賞)
  • 音楽文化創造公認、地域音楽コーディネーター
  • 一般社団法人音楽電子事業協会公認、MIDI検定3級認定講師
  • ヤマハ音楽振興会主催、ヤマハ音楽能力検定指導グレード4級取得
  • 2014年に河内長野市で初のワークショップを開催。以降、2018年より個人活動として各地でワークショップを開催。

わたしがやっている音楽・オカリナ

一番メインとしている楽器はオカリナです。

ジャンルは、ほとんどその時の気分で好きなものを演奏しております。

オカリナを始めたきっかけは、実のところ誤解から始まっております。

民族楽器みたいなのを始めたいと思い、楽器店に入った時に出会ったのがオカリナの楽器でした。

見た目はインディアンチックながら、実のところオカリナはイタリアの楽器とのこと。

そんなオカリナとの出会いですが、自然の素材でできていたり、そこから出るここちのいい音色は今でもステキだと思い演奏しています。

愛用しているアケタ製のオカリナ

わたしがやっている音楽・ピアノ&DTM

その他には、ピアノやDTMもしております。

どちらも主に伴奏を目的にしており、例えばピアノで伴奏をしたり、伴奏の音源をDTMでつくったりして活用しております。

今も練習の方は続けており、クラシックの楽曲や弾き語りなど精進しております。